のろやま図鑑

日々であったものたちと仲良くなるための覚書き

ツクバネソウ

ツクバネソウ【シュロウソウ(ユリ)科】衝羽根草

花期:5~7月。山地帯の林内に生える。

高さ20~40cm

花径2~3cm

鰐片(外花被片)は緑色で4枚、花弁はない。

葉も4枚が輪生する。

名は、この花状を羽根つきの羽根(衝羽根)にたとえたもの(牧野)というが、

果実が黒く熟したときの姿であろうし、鰐片が伸びていればむしろそちらのほうがふさわしいと感じる。

f:id:noronoyama:20211012060610j:plain

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ【ミズキ科】

名の御前は白山最高峰の名で、タチバナは果実の形をそれになぞらえた(牧野)というが、このタチバナは橘ではなく、赤い果実のなるカラタチバナである。

葉は未開花の株では4小。花のあるカブで6小が輪生状につく。

f:id:noronoyama:20211012060730j:plain